「なにかしらツク〜ル」ウェブサイトをご利用されるにあたっては必ず以下をお読みになり、ご同意の上でご利用ください。


●使用上の注意

・あなたは「なにかしらツク〜ル」ウェブサイト(以下:本サイト)の閲覧、各種素材のダウンロード、およびそれらの情報の使用のためにすべての責任とリスクを負います。

・本サイトは基本的にサイトを通して閲覧・ダウンロードするどんな内容にも破壊的なウイルス等が含まれていないという事を発表しません。

・本サイトは仮に金銭的損失、予測的利益の損失、企業情報の損失、データの喪失、その他のいかなる損失が生じた場合も保証をしません。

・それらの損失が本サイトの怠慢的行為に起因するものであっても同様です。


●ダウンロードしたファイルの取り扱いについて

・本サイトに掲載されている著作物の著作権はすべてなにかしらツク〜ルに帰属します。

公開作品(※1)に素材をご使用の場合は「なにかしらツク〜ル」もしくは「NanikasiraTkool」と表記をして下さい。改造をして使用した場合も同様です。

転載する場合は「なにかしらツク〜ル」もしくは「NanikasiraTkool」と表記をして下さい。改造をして転載した場合も同様です。

使用作品の一般公開 ◯[可能]: 自由に公開いただけます。
商用利用 ◯[可能]: 自由に利用いただけます。
報告 ◯[不要]: 通常の場合、報告をしていただく必要はありません。 
改造 ◯[可能]: 改造の制限はありません。※2
転載 ◯[可能]: 転載の制限はありません。。
使用対象ジャンルや作品の制約 ◯[無制限]: 制限を設けません。性表現や暴力表現、流血表現やグロ表現であっても違法でなく節度ある公開方法や販売方法であれば自由に利用していただけます。
※公開作品に出展元の表記が
  できない場合
△[お願い]: お手数ですがGuestbookお問い合わせフォームまで代表者名(ハンドルネームで結構です)と作品名もしくはHP等の窓口サイトをご報告の上で素材を利用してください。※3

※1、公開作品とは不特定の人の目に触れたり遊べる状態に置くことを指します。
※2、どの程度の改変データにまで表記をするかについては使用者の判断にお任せします。
※3、どのような作品に使用されているかとの傾向を知りたいための措置です。ご理解いただければ幸いです。


●おことわり

本サイトの素材には、未完成ものや作成時の固有名称をリネームせずに掲載しているものも多々含まれます。

・素材を制作ツールの規格に応じてレイアウトしていないものも多くあります。利用者の方におかれましてはコピー&ペースト操作や細部の削除等、画像編集ソフトによる簡単な編集操作が求められるファイルも多くありますのであらかじめご了承ください。

・時折、掲載したファイルの予期していなかった不備の発見や、ファイル管理のミス、気の迷いなどにより意図的、または偶発的にファイルが本サイト上から削除されたり内容の変更が行われる場合があるかと思いますがダウンロードされたファイルについては引き続きご利用になられても問題ありません。

・ややこしい質問は基本的に日本語でお願いいたします。


・必読事項は以上です。


メニューページへ 

トップページへもどる


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


以下は必ずしも読む必要はありません。

本サイトと本サイトが提供する素材の取扱説明書・心構え・方針のようなものをダラダラ書いたものです。

・正式名称は長音符に波線を使用した「 なにかしらツク~ル 」ですが、便宜上 なにかしらツクールと表記している箇所があります。

・利用規約に内容の変更があった場合、更新記録でお知らせします。誤字修正や、よりわかりやすい表現に変えてみた、など内容に関係ない変更の場合はお知らせしません。

・サイトの文字エンコードはなぜか「EUC-JP」です。IE、chrome、Firefox、Opera、windows上のAndroidで確認してるけどちゃんと表示されてるかは自信ないです。

・すべての素材について説明するのは不可能なので、DLして使えれば儲けもの、くらいの心構えでお願いします。

・当サイトの素材は基本的に管理人がRPGツクールXPやWolf RPG Editorでこっそり遊ぶために作ったものです。従って管理人の好みである「現代日本」を題材にした素材が99.9%です。

・tXP発売以後、細々と継続的にやってきましたので作った作品(作品というほどのもんでもないですが)や時期、作業の慣れ度合いによってクオリティーにバラつきがあります。


※各素材共通の注意点

・作ったものの使わなかった素材や失敗した素材をアップしていることもあります。そうしたものはエディターに読み込んでチェックするという作業をしていません。従って作成者ですら気付いていない決定的なミスが含まれている可能性があります。なので「ジャンク」と銘打っています。それなのに使用者にクレジット表記を要求するという恥知らずな横暴ぶりです、やれやれですね。

・よくある不備としては1.アウトラインから色がはみ出ている。2.歩行グラのレイアウトにズレがあったり、透過部分のはみ出しに気付いていないために端にゴミが出る。3.変換色の誤り。4.クオリティーが一定以上に低い、などなど。

・全てのファイルは予告の有無にかかわらず改訂される可能性があります。

・厳密に数えたわけではありませんが多くは.png形式の画像ファイルです。24bitフルカラー(透過可)が扱える画像編集ソフトを備えておかれますと安心です。

・フォトショップファイル(.psd)やイラストレーターファイル(.ai)あるいはその他の3Dモデルや動画ファイルを配布する場合は外部データ ストレージサービスを使用することがあります。フォトショップファイルを開く際は通常版以上のAdobe Photoshopを推奨します。 PhotoshopElementsではレイヤーがグループ化されている場合、編集が制約されるなど一定の制限が有ります。フリーソフトのGimp 系アプリケーションではフォトショップファイルの展開および編集も可能ですがレイヤーグループは解除されるようです。(見た感じがややこしくなるようでし た)


 ※タイル素材

・tXP、ウディタともに32ピクセル角のタイルを使用するスタイルです。

・現代日本モノという性格上、1タイルの一辺の長さは3尺をイメージしています。(3尺はだいたい一般的な畳の短辺の長さです。)

・tXPではクォーターマップ形式を採っていましたので、それ用タイルもあるわけですがタテヨコマップとは決定的に縮尺が異なりますので一般的な感覚では共用は難しいと思います。

・自動車は当たり判定範囲との兼ね合いもあり建物や人に対して小さくなっています。

・自動車はひそかに純正色にならったカラーバリエーションだったりしています。

・自動車に色がついていないものは好きな色に塗ることができます。影や窓、タイヤなどの不変的な部分は描画済ですので下層レイヤーを設け、そのレイヤーに色を置いてください。

・主にタイル向けや乗り物素材に各画像規格に沿ってレイアウトしていないもの(つまりただの絵)があります。それぞれめいめいバイキング形式で取り 分けていただければと思います。画像編集ソフトで開いて32ピクセルのグリッド表示及びスナップ設定(photoshopの場合何れも「ビュー」メニュー から設定)をすると取り分けしやすいですよ。

・街区などの外観タイルに道路のフチや車線、交通表示が含まれている場合が多くあります。これらは私がマップ作成時に必要であったパーツを収録した だけものですので特定の道路形状しか作れません。従ってその辺は先述の未レイアウト素材からお好みのものをコピーするなどの手間が必要になると想定されま す。


※歩行グラフィック素材

・何れも32ピクセルの規格に沿ったものです。

・一部ファイルのファイル名のルールはこんなかんじ→(name.png:スタンダード、name_act.png:nameのバリエーション(何 かポーズやアクションをとっているなど)、name_qarter.png:nameに付随する斜め歩き用グラフィックで、今後の増加予定は無い。)

・横4列のものはファイル名の最後(といっても拡張子の前)に「T(アルファベットのティー(半角))」の文字をつけるとウディタに大体そのままインポートできます。とおもいます。

・作成効率優先の関係上、多くはイラストレーター(Adobeのそういうアプリケーション)を使って描いたものです。ゆえにツルっとした印象の画像 です。丁寧なドット打ち作業で作られた「細やかな可愛らしさ」を好みそうなツクール・ウディタユーザーの好みにはちょっとあわないかも・・・と は思っています。


※エネミーグラフィック

・日本において敵役になり得そうな存在を追加していこうと思います。一般人。治安機関の人。犯罪者。野生・飼育動物・・・クオリティーは、、、画像縮小すればアラも目立たなくなるよね、そう信じたい。


※顔グラフィック

・縮小率が少ないだけあってさすがにツライ粗さですね。基本的にエネミーグラの使い回し、あるいはせいぜい立ち絵グラフィック程度を想定したサイズを使いまわしている経緯があるためです。え〜と、ほらキャラってたいてい自分で描かはるし、ね?


※アイコン素材 ・24ピクセル角です。

・例によって規格の統一はされていません、まぁなんとか共用できるかな、というレベルだと思います。(感覚には個人差があります)

・現代日本がテーマですので、かっこいい伝説のナントカや魔法のナニナニというものはありません。というわけで例えば武器は本格的なものだと銃などになります。


※未整理データ

・整理していません。ひときわごちゃーっとしています。時々現行素材データに昇格することもあると思います。


メニューページへ 

トップページへもどる


inserted by FC2 system